自分の持続性

梅雨もあけて、夏本番になりましたね。

一人で過ごすことが多くて、考えたり感じたりする時間が多いはずなのに、書いて残すということをしないからもったいない。

発信したいとか、共感してほしいとかではなく、自分のために、若くて青いエネルギーを発散して記憶するために、ちゃんと残したいと強く思うようになりました。

さて、タイトルの”持続性”。

イギリスでの生活〜帰国後〜就活中〜、とこの言葉が私のキーワードになっていきました。

地球の持続性、世界の持続性、そして自分の人生の持続性。

とくに自分のライフスタイルの持続性というものを深く考えるようになりました。

たくさんストレスを受けて、それをたくさん発散するために、大量消費をする、たくさん怒りをぶつける、すごくスッキリする、のような全てがダイナミックな循環の中で生きていくのでは、自分が持続してけるのかと。または、小さな違いを誤魔化すために、厚い化粧や色を上に上にと塗り重ねる、そしてそれは石油やよくない油で作られている。綺麗だと、良かれと思ってやっていたことが、何十年後の肌に大ダメージを与えているかもしれないこと。

食事も同じ、身体作りも同じ。

日本のアーユルヴェーダを引率する方の言葉で、『その時間は、その労力は、そのお金は浪費なのか?投資なのか?』、『時間/体力/お金を、今現在だけのものに使うのではなく、未来の継続や更なる高みへの投資へ使う』という言葉がありました。

これを受けて、今自分を構成してるものへの時間/体力/お金を、浪費と投資に考えて分けてみました。

腑に落ちた。自分の価値観を改めて見られてた気がします。

私は今、学生で、お金はないけど時間はあって、学ぶ環境もあって、やる気があれば歓迎してくれる大人たちが周りにいて。

勉強するしかないと思いました。

自分での勉強もそうだけど、出会う人から、環境から、集団から、自然から。

学生生活もあと半年。

自分の人生、持続性を考えながら、まだまだ広いことに関心を持って、行動していきたいと思います。

真面目な文章になっちゃった笑。

最後に報告、無事に就職活動を終えました^ ^

自分の持続性を考えた、一番いい選択ができたと思います〜!

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA